明日12月20日 ストップ高予想銘柄

<3445>RSテクノ
RS Technologies <3445> が7連騰し、連日で上場来高値を更新している。同社株について、資産運用世界大手、米ザ・バンク・オブ・ニューヨーク・メロン傘下のBNYメロン・アセット・マネジメント・ジャパンが14日付で財務省に変更報告書(5%ルール報告書)を提出。報告書によると、BNYメロンの同社株式保有比率は5.28%→6.49%に増加したことが判明した。これを受けて需給思惑が働き買いが先行しているようだ。

チタン工業<4098>
この日、同社と東芝<6502>との「チタンニオブ複合酸化物電極用活物質及びそれを用いたリチウム二次電池」の特許が発行(登録日は12月1日)されたことが好材料視されているようだ。同特許は、リチウム二次電池の活物質として有用なチタンニオブ複合酸化物およびそれを用いたリチウム二次電池に関するもの。リチウム電池の負極材料として一般的なカーボン系負極ではなく、安価な固相法により電気容量が高く、サイクル容量維持率の優れたチタンニオブ複合酸化物を用いているとしている。

テセック<6337>
同社は19日の取引終了後、18年3月期の連結業績予想について、売上高を45億円から56億円(前期比36.8%増)へ、営業利益を4億円から8億円(同3.8倍)へ、純利益を3億6000万円から7億5000万円(同2.9倍)へ上方修正したことが好感されている。国内外の市場において、車載向けパワーデバイス用の高付加価値戦略モデルの受注が計画を上回って推移したことなどが要因という。また、業績予想の修正に伴い、従来20円を予定していた期末一括配当を20円増額して40円にするとあわせて発表したことも好材料視されている。なお、前期実績の20円に対しては20円の増配になる予定だ。