四季報発売直後の実力派投資家の注目銘柄と!新春号の注目銘柄

日本鋳造<5609>
7月20日と9月15日に今期業績予想をそれぞれ上方修正。10月20日に発表した18年3月期第2四半期累計の連結経常損益は3億3400万円の黒字(前年同期は7500万円の赤字)で、通期計画5億円の黒字(前期は3億600万円の赤字)に対する進捗率は66.8%に達している。同社はJFE系の鋳鋼品・鋳鉄品メーカーで、公共事業関連のエンジニアリングも手掛ける。足もとでは、半導体製造装置や大型鉱山機械向けを中心とした需要増を背景に、鋳鋼・鋳鉄品の受注が好調に推移。公共投資関連でも東京オリンピック関連需要の本格化などから橋梁部品や柱脚の受注が増加している。こうした追い風は当面続くことが見込まれ、今期業績の再修正および来期の増収増益が期待される。

ヘリオス テクノ ホールディング<6927>
を好業績な割安銘柄として注目したい。同社は、11月7日、18年3月期通期の連結業績予想の上方修正を発表した。売上高を219億円から235億円(前期比37.3%増)へ、経常利益を17億円から26億円(同89.1%増)へそれぞれ増額した。来期に予定していたインクジェット精密印刷機の納品前倒しに加え、露光装置用光源ユニット装置で追加受注を獲得したことが収益を押し上げる。生産効率の改善などコスト削減も上振れに貢献する。来期の19年3月期も経常増益率はやや鈍化するものの、主力の精密印刷機の好調が継続するものと予想される。

<6254> 野村マイクロ 
急伸。世界の半導体産業が異例の成長を続けていると一部メディアで取り上げられている。世界半導体市場統計(WSTS)が28日に発表した17年の世界市場見通しは4086億ドル(約45兆3000億円)と16年比20.6%増えるもよう。これまで株高をけん引してきた半導体関連の主力どころで利食いが広がるなか、半導体・液晶業界向けに水処理ユニットを提供している同社には本日も関心が向かったようだ。